占い情報研究所

カテゴリー 西洋占星術


星座とサインの違い

星座とサインの違い

今、私たちが生活をしている中でとても身近な占いの一つである星座占い

この星座占いと西洋占星術の大きな違いとして、同じ十二星座を使用するが呼び方が違うという点がある。

親しみやすい星座占いから、より深く占いを知るために西洋占星術の具体的なサインの名称や属性について知りましょう。

思想の違い

まず第一に星座占いと西洋占星術で大きく違う点があります。

それは星座占いは各個人に対して「星座」を割り振り、それに対して占うということです。

つまりは全人類を12等分して占うということですね。

身近に感じられる反面、深い占いとは呼び難いでしょう。

それに対して西洋占星術ではホロスコープと呼ばれる占い対象者の生年月日や出生時間、出生時の場所(緯度/経度)が必要となるなど、幅広い情報が必要になります。

またホロスコープで占いをする結果は、「その個人がどこの星座に割り振られるのか」ではありません。

西洋占星術では、各個人に対して精神面での10の神様(惑星)が存在していると言われています。

占い対象者の出生時の情報から算出して、その10の神様(惑星)が出生のタイミングに黄道十二宮のどこの位置に存在していたのかを算出する必要があるのです。

10の神様(惑星)には各々支配する個性があり、サインと呼ばれる太陽が通る道(黄道)を十二等分した星座の住所によって、10の神様の性格が決定します。

それにより各個人の「性格や性質」という部分がわかるようになるのです。

まず、大事な考え方として10の神様(惑星)必ずどこかのサイン(星座)に属しています

さらに各サインの特徴(性質/傾向)で区分が分かれています。

その区分というものが

  • 二区分(ポラリティ)
  • 三区分(クオリティ)
  • 四区分(エレメント)

として割り振られています。

二区分
男性宮(陽) / 女性宮(陰)
三区分
活動宮・不動宮・柔軟宮
四区分
火・地・風・水

この区分が各サインに対して3つ(二区分/三区分/四区分)割り振られることになります。

3つの区分が割り振られたサインは非常に細かく性格的な面が割り振られ、そこに10の神様が来るので詳細な神様の性格(占い対象者の個性の詳細)がわかるようになるのです。